タイ俳優:マリオ・マーラー(Mario Maurer )








今回、ご紹介するのは、マリオ・マーラー(以下、マリオ)。

俳優・モデルとして活躍するマリオ。

ティーンでマリオ・マーラーを知らない人はいない、と言えるほど人気・知名度共に抜群です。

(Photo Credit:http://www.starmometer.com)

プロフィール

名前:マリオ・マーラー(Mario Maurer )

本名: Nutthawuth Maurer

ニックネーム: Oh、Mario

ニックネームはユニークな名前が多いのですが、マリオという名前は完全に西洋ネーム。

ニックネームから『オレは西洋寄りのスタンスで生きていく』という意思が感じられます。
生年月日:1988年12月4日

身長:180センチ

学歴:Ramkhamhaeng大学: Bachelor’s degree Communication Arts

Krirk大学、 Master’s degree in Political Communication

出身:バンコク県

都会生まれのシティボーイです。

家族構成: 中華系タイ人の母とドイツ人の父のハーフ (タイ語でハーフを『Luk khrueng』と言います)

・お兄さんのMarcoはミュージシャン。2007年にお兄さんと共に“PhyCho & Lil’Mario”を結成。彼自身、少し歌っているが、本人は歌手だとは思っていないそう。




活躍

・サイアムスクウェアにスカウト。芸能界デビュー

16歳の時にサイアムスクウェアを歩いているところをモデル事務所にスカウトされデビュー。小顔で高身長なイケメンが歩いていたら、さすがに目立ちますしね。スターになるべくして生まれたのでしょう。

・2007年:映画『Love of Siam』の大ヒット

彼を一躍スターダムにのしあげたのは、高校生のゲイ(バイセクシャル)の恋愛模様を描いた2007年公開映画『Love of Siam』の社会現象にもなるほどのヒット。この映画のヒットで、タイ映画界は、『男性的な振舞いをするも、性的嗜好は男』、というストレートアクティングなゲイを扱うことが増えたそう。

映画『Love of Siam』の中で、思春期のゲイを好演し、タイのアカデミー賞であるStarpics Thai Film Awardsの主演男優賞を受賞し、一躍人気者の階段を登り始めます。

ちなみに、マリオの相手役の男性は実際にゲイであるそうです。(ゴシップ担当のタイ人のおかま友達より)

この役はマリオのデビュー作であるため、いきなり主演の映画がヒットしたマリオは、現在までずっと売れている俳優さんということになります。

↑邦題『ミウの歌』だそうです。

マリオ自身、俳優業には興味や関心が無かったが、映画の大ヒットが続き、現在ではタイを代表する人気スターになりました。

タイの友人曰く、10代の頃のマリオの人気は凄まじいものがあったそうです。

 

・2010年:映画『First Love(Crazy little things called love)』の大ヒット

誰もが一度は経験したことのあるような初恋を描いた作品。

 

・2013年:映画『Pee Mak』の記録的ヒット

タイの歴代興行収入を塗り替えたホラー・コメディ映画『Pee Mak』。一時に比べて人気も落ち着いてきたマリオですが、映画『Pee Mak』の爆発的ヒットにより、再度トップ俳優へと返り咲きます。

↑タイの怖い昔話です。日本でいうユキ女みたいな。

映画『Pee Mak』の概要:

戦争から帰ってきたMakとその友人。愛する妻と子のもとに帰ってきたMakは幸せいっぱい。しかし、村民の話によるとMakの奥さんと子供は亡くなっていた。目の前にいる妻子は幽霊で本当に死んでいるのか、いや、死んでいるのはもしかしたら自分たちなのか。

その他

・役の幅を広げるマリオ

『Jan Dara the Beginning(2012)』、『Jan Dara the Final(2013)』など、大人なマリオが堪能できる官能ドラマ映画にも出演するなど、役の幅を広げています。:

↑タイ語できるようになったら字幕つけたい!

 

・日本人役として、ドラマに出演

『The Rising Sun: Roy Rak Hak Liam Tawan』というドラマでは日本人役を演じています。

着物の着方やお辞儀作法、そして日本人の侍魂など、熱心に研究して役に臨んだようです。

↑人気スター・ナデートと共に番宣&キス♥。ポッキーゲームしてます!!マリオの温泉シーンもあるYo♥

 

・タイの観光大使

タイの観光PR大使としての顔もあります。

中国でも人気があるので、中国語表記となっているのも面白いですね。

Part1

Part2

↑タイに遊びに来たくなりますね。

 

・歌手活動

なんか、歌ってます。

↑中毒性のある曲。。。。




・ラインスタンプ(Line Sticker)の販売

わたしも愛用しているラインスタンプ。

私生活

・若気の至り、そして謙虚になる

人気絶頂のマリオですが、10代から20代前半の頃は(調子に乗って)、性格が芳しくないということで有名だったそうです。年を重ねて人気に陰りが出始めたときから、謙虚になり、礼儀正しくなったそうです。原題ではボーイネクストドアのポジションを目指して、面白い良きお兄さん的立ち位置だそうです。(ゴシップ担当のタイ人のおかま友達より)

確かに、バラエティー番組でのマリオを見ると、2枚目なのに冗談をよく言うオモシロ兄ちゃんって感じです。

 

・プレイボーイ

映画『Pea Mak』で共演した女優さんとしばらくお付き合い。仕事も一緒にすることが多かったそうです。しかし、女癖が悪い、というかモテまくるマリオは色々な女性と噂になっているプレイボーイでもあります。一説には、映画『Love of Siam』にて完璧にゲイを演じたおかげで、ゲイ疑惑が噴出。マリオはゲイには理解を示しつつも、以前はイメージを払拭するために多くの女性と交際をしていたのかもしれない、とのこと。(ゴシップ担当のタイ人のおかま友達より)

現在は自らゲイネタを使って笑いを取っています。

・整形疑惑

『タイの俳優さんで整形をしていない』という人はいないくらい整形が一般的な芸能界。

マリオも例外ではなく、目頭を切開したという話も。

もともと美しいお顔だったのに、少し不自然になったのが寂しいところです。

それでも、イケメンっぷりは健在ですが。

以上、

これからどのような活動をしていくか楽しみですね。


マリオの情報、是非是非ください。

随時アップデートしていく予定です♥

タイのイケメン俳優シリーズ(たまにビッチ女優)、更新し続けていこうと思います。Mario Maurer

(*Photo credit: Mario Maurer, FB page)











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA