HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1【合格体験記・勉強方法・Web制作】








「HTML5プロフェッショナル認定 レベル1」という試験に合格しましたので、勉強方法などの備忘録です。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1とは?

試験の概要

HTML5,CSS3,レスポンシブWebデザインなど、基礎的なマークアップ技術を対象範囲としているとのことです。

また、試験に合格後は(個人差ありそうですが)下記技術をゲットできます。

・HTML5を使ってWebコンテンツを制作することができる。
・ユーザー体験を考慮したWebコンテンツを設計・制作することができる。
・スマートフォンや組み込み機器など、様々なデバイスに対応したコンテンツ制作ができる。
・HTML5で何ができるのか、どういった技術を使うべきかの広範囲の基礎知識を有する。

出典:「HTML5プロフェッショナル認定試験」公式サイト

アニメーションなども範囲に含まれており、仕事で何となくHTML&CSSを使用している方でも、知識の定着や新たな発見のある試験かと思います。

ちなみに合格得点率は約70%です。

下記は公式ホームページに掲載されていたサンプル問題です。
ちなみに正解は「D」ですが、暗記すれば瞬発で正解できます。

出典:「HTML5プロフェッショナル認定試験」公式サイト

 

受験動機

Web制作やプログラミングとは全く無縁の人生を送ってきたものの、IT企業への転職を期に、Web制作業務に携わることに。
2カ月ほど「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」という書籍を用いて、手を動かしながら勉強。
勉強すればするほど分からないことが増えていったので、体系的な知識を得たいと思い、受験を決意しました

私の受験レベル

Web制作を自主学習して2カ月程度。
プログラミング言語の経験は無いです。

勉強時間

合計:100時間程度(平日2時間、休日6時間)

既に知識のある方はもっと短時間で合格が可能かと思うのですが、高額な受験料にビビってしまい、1発合格を狙うべく、念入りに準備して臨みました。

難易度

個人的な意見ですが、勉強すれば必ず合格できる試験だと思います。

ちなみに、わたしは82/100点でした。




勉強方法

過去問演習

『HTML教科書 HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 スピードマスター問題集 Ver2.0対応』

上記の問題集を「ほぼ完璧」になるまで何度も繰り返しました。
ダウンロード版で2回分の模擬試験も付属しているので、そちらも「ほぼ完璧」にします。
参考書を読んでから、問題演習という王道パターンではなく、いきなり過去問演習からはじめ、分からない問題を適宜、調べて行きました。
全くのゼロ知識からの場合は、教科書的な参考書を購入して何度か読んだ方が良いかと思います。

IT試験学習サイト Ping-t

500問ほどの問題を解けるサイトです。有料ですが、解説も丁寧で問題演習としては最適なサイトです。
こちらの問題を解き、解説を熟読、暗記していきます。
Ping-tはこちらです。

公式サイトのサンプル問題

公式サイトにも参考問題が提供されているので解きました。
少し難しい印象を受けましたが、解説も丁寧なので熟読しました。




受験の感想

全く分からない問題は少なかったものの、答えを二択まで絞れるけれど、どっちだったかなあという問題がたくさんあり、試験終了ボタンを押すときは強く神様に祈った。
難しすぎる資格試験ではないので、きちんと勉強すれば必ず合格を勝ち取れると思います。
試験時の問題の運もあるかと思うので、諦めずに試験を受け続けるのが吉かと。

資格に合格したからと言ってもスーパーマンになれるわけでもないですが、基本的な知識を体系的に学べたのはとても良い経験になりました。
Web制作を志す方にはおすすめの資格です。

勉強方法まとめ

1、問題演習
2、疑問点を参考書やグーグルで徹底的に調べる。
3、1に戻る


↑必須問題集です!

今後の目標

Web制作で仕事ができるレベルまで研磨すること。
転職したてのペーペーなので、仕事を覚えたら、何かしらのプログラミング言語に挑戦していきたいです。

読了いただき有難うございました。