映画『レディ・バード』ネタバレ&内容 多感な高校生の素晴らしき青春。








映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。鑑賞後に読んでいただけたら嬉しいです。いつもありがとうございます。

映画『レディ・バード(原題:Lady Bird)』を鑑賞しました。

最高の青春映画、爆誕。誰もが通り過ぎた青春時代の記憶が蘇る。

簡単なあらすじ

高校3年生のレディ・バードが、進路や家族、恋や友人に悩む。

概要

アカデミー賞作品賞の大本命。

映画批評サイト”Rotten Tomatoes”で史上最高スコア100を獲得。

 

主人公レディ・バードの母親との関係や学校生活を描く。

 

恋愛

友達

家族

進路

 

誰にでも経験する青春時代を鮮やかに描く、素晴らしい映画。

 

出演者

シアーシャ・ローナン(クリスティーン、レディ・バード)

映画『つぐない』のアイルランド出身の金髪碧眼の天才子役がスクスクと成長し、大人の女性へ。

それに伴い、演技力も磨きがかかり、アカデミー賞主演女優賞に2年連続でノミネート。

主人公『レディ・バード』は彼女が乗り移ったかのよう。

 

ローリー・メカトーフ(母親)

 

レタ・ガーウィグ

本映画の監督。

女優としても大活躍。

 

ネタバレ

主人公クリスティーンは自分の事を『レディ・バード』と自称しており、周囲の人間も主人公を『レディ・バード』と呼んでいます。

 

『わたしの事はレディ・バードって呼んでね』

 

カリフォルニア州、サクラメントに住むレディ・バードは高校3年生になる頃で、そろそろ大学進学を考え始める時期。

 

レディ・バードと母親は、オープンカレッジの帰り道、車中で口論になります。

 

レディ・バード『わたしはサクラメントのような田舎街の大学に行きたくない。文化的で刺激的なニューヨークの大学に行きたいわ。』

 

母親『そんなのだめよ。都会に行ったら非行に走って人生台無しになるんだから・・・』

 

レディ・バードは母親と口論になり、走行中の車から見を投げ出します。

結果、骨折。

場面は変わり、

高校に行くレディ・バード。

カトリック色の強い学校ですが、レディ・バードはいつもかったるそう。

祈りも適当、合唱も適当・・・

そんなレディ・バードも、ちょっとぽっちゃり体型の親友ジュリーと仲良く過ごし、兄の働くスーパーマーケットでたむろってはだべる日々。


↑『The 反抗期』のレディ・バード

ある日、

レディ・バードと親友ジュリーは演劇クラブに入部。

一緒に参加していた男の子ダニーに一目惚れするレディ・バード。

 

アプローチの末、二人はデートする仲に。

 

レディ・バード『あの星はわたしたちの星よ♥』

 

二人は夜空を見上げてそんなロマンチックな会話を楽しみます。

その後はマリファナを吸ったり、パーティーで騒いだり、キスをしたり。

 

一方で、

レディ・バードと母親はいつも喧嘩ばかりです。

演劇クラブの本番も大盛況。

大歓声で幕を開けます。

 

ダニーともラブラブです。

 

演劇の打ち上げパーティーに参加するレディ・バード。

 

しかし、

男子トイレの中で男の子とキスをするダニーを発見。

その晩、レディ・バードは泣きながら親友ジェニーと過ごします。

 

それからというもの、レディ・バードはダニーを徹底的に避けますが、ダニーに告白されます。

 

ダニー『ごめん。でも辛かったんだ。自分がゲイだと誰にも言えなくて。』

 

号泣するダニーを抱きしめるレディ・バード。

二人は友人に戻ります。

レディ・バードがカフェでアルバイトをしていると、テラス席に一人座り、本を読む男の子カイル。

カイルは学校の人気バンドのメンバーの一人でもあり、超イケてる男の子。

 

レディ・バードはカイルに近づくために、カイルと同じバンドメンバーと付き合っている学校で一番イケてる女の子に近づきます。

 

レディ・バード『ねえ、わたしたち友達になれると思うわ。』

 

作戦が功を奏し、学校一イケてる女の子と友達になり、そのままカイルと良い関係になるレディ・バード。

レディ・バードはカイルにヴァージンを捧げます。

しかし、

 

レディ・バード『あなたも童貞って言っていたじゃない。どうして嘘ついたのよ』

 

イケイケで遊び人のカイルは悪びれる様子もなく、レディ・バードは怒って部屋を出ていきます。

迎えに来てくれたお母さんを見ると、泣き出してしまいますが、お母さんはただ抱きしめます。

 

一方で、

カイル含めイケイケグループとの交流が深まるレディ・バードは、親友ジェニーとの関係が疎遠になっていきます。

 

場面は変わり

レディ・バードと母親は、卒業式のプロム用の衣装を買いにスーパーマーケットへ行きます。

 

レディ・バード『これはどう、素敵じゃない?』

 

母親『似合わないわ』

 

レディ・バード『どうして、いつもわたしの事を否定するの。ただ可愛いね、似合うねって言ってよ。わたしを愛してよ。』

 

母親『あなたを愛しているわ。だから本当のことを言うの。あなたはわたしよりも素晴らしい人生を送ってほしいの。』

 

レディ・バード『わたしの人生はこれで素晴らしいわ』

 

二人はいつも口論。

レディ・バードは、大学からの合否の手紙に一喜一憂。

ほとんどが不合格ですが、何とかニューヨークの大学だけは補欠合格に。

しかし、母親には、地元サクラメントの大学に行く、と伝えているので内緒にします。

 

プロムの日。

レディ・バードはドレスアップし、カイルに迎えに来てもらいます。

 

カイル『プロムなんて行かないで、もっとクールな所に行こうぜ。』

 

レディ・バード『わたしはプロムに行く。車から降ろして』

 

レディ・バードはカイルに嫌気がさし、そのまま疎遠だった親友ジュリーの家へ。

そこにはプロムへ行く相手のいないジュリーが。

 

レディ・バード『ジュリー、今までごめんなさい。プロムに行きましょう。』

 

レディ・バードと親友ジュリーはプロムへ行き、二人でダンスを踊ります。

 

プロムの後、

レディ・バードと親友ジュリーは離れ離れになることを受け入れます。

卒業式の後、

家族でご飯を食べていると、そこに友人が通りかかります。

 

『ニューヨークの大学はどうなったの?』

 

レディ・バードのお母さんはニューヨークの大学に行くことは知らず、てっきり地元の大学へ進むと思っていたので、大激怒。

それから数ヶ月間、口も聞かなくなります。

 

9月になり、レディ・バードはニューヨークの大学へ行くことに。

空港まで送ってもらうも、お母さんは未だに怒って口を聞いてくれません。

 

レディ・バードは飛行機へ、

レディ・バードを空港へ降ろしたお母さんは、強がっていましたが耐えきれず涙を流し、空港へ戻ります。。

場面は変わり、

大学生活を営むレディ・バードはパーティに参加、男の子をナンパ。

 

レディ・バード『わたしの名前はクリスティーン』

 

クリスティーンは親から頂いた自分の名前を名乗るようになります。

 

パーティで男の子と意気投合、

しかし、飲みすぎて倒れ、病院に運ばれます。

 

翌朝、目覚めるレディ・バードは、寮に帰る道で教会を見つけ、中に入り聖歌隊の歌を聞きます。

 

教会から出たレディ・バードは電話をかけます。

 

『ママ、パパ。サクラメントの美しさに気づいたわ。お母さんも同じような景色を見ていたのよね。それと、わたし、お母さんとお父さんの事、どれほど愛しているかって気づいたの。愛しているわ』

終わり。

↑親元を離れて気づく親の有り難みと愛情。

感想

誰にでも通り過ぎる青春時代。

新しい出会い、新しい出来事が増えていく。

進路に悩み、親との関係に悩み、友人関係にも悩み、恋にも悩む。

でも、その1つ1つが新鮮であり、その1つ1つが大切な思い出。

 

高校卒業時には、友人や家族、そして故郷を離れ、別れを経験する。

そのときに何か、今まで感じた事のないもの感情が生まれる。

 

そんな忙しい数年もあっという間に過ぎ去っていき、歳を取るにつれ、あの青春時代の記憶もどこかにしまってしまう。

 

退屈な高校時代だったな。。。

 

そんな印象で固められていた自身の記憶。

この映画を見た帰り道、高校時代のしまっておいた思い出が蘇ってきた。

 

友達と仲良くなったり疎遠になったり

先生に反抗したり生意気な態度を出したり

親を好きになったり嫌いになったり

人を好きになってウキウキしたり落ち込んだり

 

そんな数え切れないほどの思い出が溢れてきました。

 

自分の青春時代は最高だった。

自分も人並みに青春時代を過ごしたな。

自分の青春時代も映画のように素晴らしかったな。

 

そんな事に気づかせてくれた映画。有難う。

誰の青春時代もそれぞれが素晴らしいし、映画のようにキラキラしているのだな、と思いました。