映画『フロリダ・プロジェクト』ネタバレ&内容 モーテルに住む貧困層の少女の日常。 








映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。鑑賞後に読んでいただけたら嬉しいです。いつもありがとうございます。

映画『フロリダ・プロジェクト (The Florida Project)』を鑑賞しました。

6歳の子供の世界は、全てがワクワクする世界。

簡単なあらすじ

モーテルに住む貧困層の少女の日常。

概要

カンヌ映画祭で上映され、大絶賛で迎えた本作。

主演は6歳の女の子。

貧困層が集まるモーテルでの生活を少女の視点で描き出す。

監督はショーン・ベーカー。

出演者

ウィリアム・デフォー(管理人ボビー)

性格俳優。名脇役。

本作で見事、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、大本命。

 

ブルックリン・プリンス(ムーニー)
 

天才子役。

ムーニーは彼女そのものにしか見えなかった。

ネタバレ

主人公の少女ムーニーは、格安モーテルに母親と住む6歳の女の子。

近くにはディズニーランドがあります。

同じモーテルに住む仲良しの友人と一緒にいつも遊ぶ日々。

 

『近くにある他のモーテルに遊びに行こうよ』

 

そこで、いたずら(自動車にツバを吐きまくる)をするムーニーとその仲間たち。

 

『こらああ』

 

怒られて逃げるムーニー達。

 

家に戻ると、そこには母親が。

全身タトゥー、ベッドでテレビを観ながら煙草をプカプカ。言葉遣いも乱暴。

 

そんな母親もムーニーを愛しており、ムーニーも母親が大好き。


↑ムーニーの母親役の女優は、有名なインスタグラマーで演技の経験は無かったそう。

 

すると、管理人のボビーがやってきます。

 

ボビー『ムーニーはいるか?ムーニーが隣のモーテルでいたずらをしたみたいなんだ。』

 

ムーニーと仲間たちは、ツバをかけて汚した自動車を掃除します。

そして、ムーニーはジャンシーという少女と友達になります。

初めて出来た他のモーテルに住む友人。

ムーニーの母親は以前はストリッパーとして生計を立てていましたが、解雇され現在は無職。

モーテルの賃料も滞納しています。

 

そのため、ムーニーはレストランに行ってはご飯を恵んでもらったり、お店の前に待機して、お客のお釣りをせがんだり。

 

それでも、ムーニーは仲間たちと過ごしてとても楽しそう。

モーテルの電源のブレーカーを落としたり、トップレスのお婆ちゃんを観察してケラケラ笑ったり。

 

特に親友のジャンシーとはいつも一緒。

 

一緒に虹を見たり、、、

一緒に野原を散歩したり、、、

時が経ち、

廃屋を探検するムーニー達。

ライターを発見し、枕に火をつけてしまい、廃屋は全焼。

 

ムーニー達は逃げますが、ムーニーの仲間の一人はムーニーと遊ぶ事を禁止されます。


↑ムーニーも結構な問題児。

ムーニーの母親は、お金を稼ぐために、近くのディズニーランドを訪れる人々に安い香水を売り始めるも、警備員に見つかり逃げます。

 

ムーニーの母親『今度、警察に捕まったらやばいの。』

 

ムーニーの母親は、お金を稼ぐために身体を売り始めます。

顧客が部屋に来ている間は、ムーニーは浴槽で遊ぶように言われます。

 

管理人ボビーも、ムーニーの母親の売春に薄々気づき始めます。

 

ある時、ムーニーの母親を怒鳴る男が。

 

『この女は、俺のディズニーランドのチケットを盗みやがったんだ。』

 

ムーニーの母親は売春相手からチケットを盗み転売していました。

ムーニーの母親はしらばっくれますが、管理人ボビーが丸く納めます。

 

管理人ボビー『部屋に見知らぬ人を入れるな。守らないならこのモーテルから出ていってくれ。』

 

ムーニーの母親『うっせーな』

 

ムーニーの母親とムーニーは他の安いモーテルに移ろうとするも、素行不良すぎて断られます。

近隣住人にも避けられ始めます。

ムーニーの母親は同じモーテルに住む友人の元へ。

 

ムーニーの母親『お金を貸してほしいの』

 

友人『無理。それにこのモーテルの住民みんなが知っているわ。あんたが売春婦だってね』

 

激昂したムーニーの母親は、友人を殴り倒し、そのまま部屋へ戻ります。

 

数日後、

ムーニーの母親の元に、子供保護団体と警察官がやってきます。

 

『ムーニーを引き取らせていただきます。』

 

ムーニーの母親も何となく受け入れはじめます。

 

一方で、

事情を知らないムーニーは困惑しています。

 

『ムーニー、お友達にお別れを行ってきて』

 

ムーニーは少しずつ気づきます。

 

ムーニー『わたしをお母さんから引き離すつもりでしょ。そんなに嫌だわ。』

 

ムーニーは走って逃げ出します。

そして隣のモーテルに住む親友ジャンシーの元へ。

 

ムーニー『ジャンシー、助けて・・・』

 

泣いているムーニーを見たジャンシーは、ムーニーの手をとり走り出します。

 

二人は、手をつなぎ、走り、やがてディズニーランドへとたどり着きました。

終わり

感想

小さな子供にしてみたら、どんな母親であろうが、どんな境遇であろうが、その中が一番幸せな世界。

小さな子供にしてみたら、家の周辺を探検するだけでも、壮大な冒険に感じる。

小さな子供にしてみたら、周囲の人間はみんな優しく良い人に見える素晴らしい世界。

小さな子供でも、大人の事情は何となく理解できる。

 

6歳の子供からしたら、全ての世界がディズニーランドのように、わくわくするような夢の世界なのだなと

 

最後に、親友とディズニーランドへ行ったムーニー。

 

大好きな親友と本当の夢の国であるディズニーランドを訪れたムーニーのその後は、一体どうなるのか。

最高のエンディングでした。