【ネタバレ&内容】映画『フラットライナーズ(2017)』あの世を体験してみない?医学生が臨死体験をするも恐ろしい副作用が襲う事に








映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。鑑賞後に読んでいただけたら嬉しいです。いつもありがとうございます。

映画『フラットライナーズ(2017)』を鑑賞して参りました。

眠い!!
[/col2]

簡単なあらすじ

死後の世界を体験してみたい医学生5人組が自ら臨死実験をする事に。しかし、とんでもない副作用があった!!

概要

1990年に製作された『フラットライナーズ』のリメイク。

1990年度版には、ドラマ『24』でもお馴染みのキーファー・サザーランドが出演しており、本作でも教授役で出演しております。

 

誰にでも訪れる『死』の世界をいち早く見てみたい。

そんな人間の好奇心を満たすべく危険な実験を行う医学生。さてどうなる。

 

批評家からボコボコに叩かれているものの『死後の世界』がどのように表現されているのか気になってしまったので

早速観てまいりました。

出演者

エレン・ペイジ(主人公)

カナダ出身のロリ顔ロリ体系のエレンさん。

怖すぎる少女を演じた映画『ハードキャンディ』、

高校生で妊娠してしまった女子高生を演じた映画『ジュノ』で一躍人気者に。

その後も『インセプション』に出演など、ハリウッドを逞しくサバイバルするも、突然カミングアウトしてレズビアン宣言。

ネタバレ

主人公は隣に妹を乗せ運転中。

 

『危ない!!』

 

妹の声にハッとし、ハンドルを切るも、運悪く橋の上から川へ落っこちてしまいました。

 

9年後

主人公は医学生となり、その仲間たちと切磋琢磨しています。

 

主人公の医学生仲間は、

・プレイボーイのジェイミー

・セクシー美女

・優秀なイケメンのレイ

です。

 

主人公が『死後の世界』に関して図書館で調べ物をしていると、後ろからむせび泣く声が。

彼女は同じ医学生の黒人女性ソフィア。

 

黒人女性ソフィア『勉強についていけない。それにお母さんからのプレッシャーも凄いの。』

 

二人は親しくなります。

 

ある時、主人公はプレイボーイのジェイミーの所へ。

 

主人公『今夜、地下に来て!秘密の事をしましょう』

 

ジェイミー『楽しみだな。へへへ。君から誘ってくれるなんて嬉しいよ。』

 

その晩、

ジェイミーが地下へ行くと、そこには主人公と黒人女性ソフィアが。

 

ジェイミー『一体これは何なんだい?3人でプレイするのも嫌いじゃないよ。』

 

主人公『わたしを殺してほしいの。臨死体験(フラットライニング)をしたいの。』

 

???

???

???

 

一同驚き。

 

主人公『少しの間だけ、、うーん、、60秒くらい。そうしたら電気ショックで起こして。死後の世界を体験してみたいし、何よりもその脳波のデータは貴重でしょ。』

 

ジェイミー『分かったよ』

 

ジェイミーは、電気ショックで主人公を心臓を止めます。

 

心臓が止まった主人公。

幽体離脱するかのように、建物の外を出てはキラキラした空間を彷徨う主人公。

 

主人公『綺麗・・・・』

 

一方で、病院。

60秒経ったので、主人公を蘇生させようとするジェイミーと黒人女性ソフィア。

しかし、上手く蘇生できず、てんやわんや。

そこへ医学生仲間のセクシーな美女と優秀なイケメンのレイが合流し、何とか難を逃れ、主人公は目を覚まします。

 

主人公『やったわ!!わたしは死後の世界を見た』

 

その後、

主人公の家で皆でパーティーをするも、主人公は虚ろ気。

突然、祖母が得意であったパンを作り出すなど行動に異変が出てきます。

 

翌日、

主人公は、弾けなかったピアノを弾いたり、授業で名回答を連発したりです。

 

『臨死体験(フラットライニング)が彼女の能力を高めたに違いない』

 

一同はそう確信します。

 

ジェイミー『今度は俺が臨死体験(フラットライニング)をやる。2分間だ。』

 

ジェイミーは心臓を止められ、死後の世界へ。

ジェイミーはバイクで高速道路を快走、後ろの助手席には元カノが。

 

そこで現実世界へと戻ってきたジェイミーは大喜び。

 

ジェイミー『俺は死後の世界を見た』

 

次はセクシーな美女が立候補

 

セクシーな美女『今度はわたしが臨死体験(フラットライニング)をやるわ。』

 

セクシーな美女がたどり着いたのは、クラゲが泳ぐ水の中。

ふと目をやると、そこには、

 

『MURDER(人殺し)』

 

と、書かれてておりびっくり。

そこでハッと目が覚めます。

 

次は、黒人女性ソフィア。

彼女の死後の世界は、彼女が通っていた高校。

彼女はクラスメートの女の子に嫉妬をし、勝手に彼女のパソコンのsexy写真をクラス中にバラまいて、虐めをしていました。

 

そこで目が覚める黒人女性ソフィア。

 

なんだかんだ一同は臨死体験ができて大喜び。そのままパーティーへ。

パーティーを楽しむ中、

一方で、

主人公は自動車事故で亡くした妹を発見。

 

そのまま死んだはずの妹の後をつけるも、妹は消えてしまいます。

 

それからというもの、主人公は幻覚を見始め、苦しみ始めます。

妹を失った自動車事故の原因は、主人公が運転中に携帯を見て、よそ見運転をしていたためだったと分かり、

ずっと罪の意識にさいなまれていた主人公。

 

同様に、プレイボーイのジェイミーも、元カノの姿を時折見るようになり不安になります。

自分の部屋に戻ると、そこには何処からか聞こえる赤ん坊の泣き声が。

 

探すも誰もいません。

 

実は、ジェイミーは元カノとの間にできた子供に対して、中絶を要求、そのまま元カノから逃げてしまった過去がありました。

 

また、セクシーな美女も、ゾンビのような大柄な男に襲われる幻覚に苦しみます。

 

セクシーな美女『実はわたし、手術中に自分のせいで患者を殺してしまった事があるの。』

 

セクシーな美女にも『Murder(人殺し)』と言われる理由がありました。

↑事故に遭った自動車の幻覚が見える主人公。中には死んだ妹も。

 

場面は変わり、

主人公『ジェイミー?今すぐ家に来て。さっき死んだ妹を見たの。怖いわ。今すぐ来て』

 

そうジェイミーに電話をする主人公。

 

主人公が家に到着。

すると中に気配が。

その気配は死んだ妹。

逃げ惑う主人公ですが、死んだ妹に突き飛ばされ(幻覚)、落下して死んでしまいます。

↑イミフなホラー展開。そして主人公が途中退場という驚き。

 

翌日、

主人公が死んだニュースに悲しむ一行。

 

『わたしたち、このままだとやばいと思う。』

 

主人公同様、臨死体験のせいで全員が幻覚(過去のトラウマ)を見ている事を知ります。

そして、臨死体験の目的はデータを取ることではなく、亡き妹と会うための手がかりを探していたためとも分かります。

 

このままだと、主人公同様、過去のトラウマや幻覚に殺されてしまうと感じた一同。

 

そこで、

黒人女性ソフィアは、嫉妬で虐めていたクラスメートに謝罪しに行きます。

 

『あなたを赦すわ。』

 

呆気なく許してもらう黒人女性ソフィア。

 

プレイボーイのジェイミーは元カノへ会いに行きます。

 

『ごめん。許してくれ。突然、子供が出来ると思って怖かったんだ。』

 

セクシーな美女は、医療ミスを謝るため、自ら臨死体験(フラットライニング)をしに行きます。

そこで、主人公が現れます

 

『自分を赦すことも大切よ』

 

みんながそれぞれの方法で、幻覚(過去のトラウマ)と向き合い、解決します。

すると幻覚を見なくなります。

 

最期、みんなでバーに集まり、今まで起こった事を話す一行。

そこでは、主人公が弾いていたピアノの曲と同じ曲が流れていました。


スポンサーリンク

感想

『死後の世界』に行ったと思ったら『過去のトラウマ』に悩まされる。

 

死んだら、過去に後悔した事・忘れたいけれど忘れられない負の記憶がよみがえってくる。

その記憶達は自分の体の見えない鎖になって、天国へ行かせてくれない。

そして、それを一つ一つ解決するために過去を振り返り、謝ったり、受け入れたり、認めてあげて、鎖を一つ一つ外してあげる。

そうする事で心の重み(鎖)が軽くなり、本当に天の彼方へ飛んでいけるのかもしれない。

神様は死んだ後に、天国へ行く前に人間だった時にやり残した課題をきっちりと課す存在なんだな。

だったら、死んでからスムーズに天国へ行けるように、肉体を持って生きている間にやり残した事・後悔や無念の思いを

少しでも解消していきたい。

 

わたしはそのように思いました。