映画『ピッチ・パーフェクト3』ネタバレ&内容








映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。鑑賞後に読んでいただけたら嬉しいです。いつもありがとうございます。

映画『ピッチ・パーフェクト3』を鑑賞して参りました。

しみじみ。

簡単なあらすじ

栄光の時代を駆け抜けたあの頃から数年、もう一度『ベラーズ』は再結集するも・・・

概要

2012年に思いの外、大ヒットした『ピッチパーフェクト』の第三弾。

アカペラパフォーマンスグループ『ベラーズ』の活躍を描く青春コメディ。

90分という短い上映時間ですが、話の内容は5行くらいで説明できそうですが、キラキラしたダンスと歌とノリで爽快に駆け抜けていきます。

監督はトリッシュ・シー。

出演者

アンナ・ケンドリック(ベッカ)

ミュージカル出身の歌って踊れる多彩な女優。今後も地味に活躍しそうな気配。

いつも化粧がめちゃくちゃ濃いイメージ。

 

レベル・ウィルソン(ファットエイミー)

本作『Fat Amy』役にて一番の出世頭。三作目では既に主役級。

 

↑こんなイケメンもいました。

ネタバレ

とあるフランスのどこかの沖にて、

船上にて、男3人の前でパフォーマンスを行うベラーズ。

そこにやって来たのは消火器を持ったファットエイミー。

消火器を男3人に噴射するファットエイミー、そして海へ飛び降りて逃げるベラーズのメンバー。

船は爆発します。

 

3週間前

ベッカは夢であった音楽プロデューサーとして活動するも、会社との方向性の違いから退職を決意。

 

家に帰ると、ルームメイトのファットエイミーが。

 

ベッカ『会社を辞めたわ。』

 

ベッカは元カレ・ジェシーとも別れたそう。

 

するとベラーズのメンバーがやって来ます。

 

『今晩はベラーズ再結成ライブよ。準備しなさい。』

その晩、

大学を卒業し、バラバラになったメンバーが集まります。

パフォーマンスをする気満々のベラーズですが、実際は他のパフォーマンスグループの演奏を鑑賞するのみ。実際にパフォーマンスが出来ず欲求不満。

 

バーで酒を飲んで愚痴を吐くメンバー。

 

『近々、国内のアメリカ軍基地でツアーを行うグループを決める大会があるそうよ。そこで勝てば有名なDJと一緒に客演として全国ライブが出来るわ。』

 

メンバーほぼ全員が仕事でうまくいっておらず、無職同然なので、全会一致で大会へ参加することに。

 

いざ、大会会場の軍基地へ。

そこには既に大会参加者のグループが。

 

恒例の歌合戦をする一行ですが、アカペラが自慢のベラーズとは反対に、他のグループは楽器を使用します。

 

ベラーズ『あんなの認められないわ。』

 

時代はどんどん変わっているようです。

 

一行はスペインへ。

そこでも軍人のためにパフォーマンスをするベラーズですが、他の参加者に注目を奪われてしまいます。

 

その後、

消沈してホテルに戻るベラーズのメンバーですが、パーティーへ参加することに。

ベッカは特別にレコーディングブースへ連れて行かれ、自作の音楽を作り上げます。

 

一方で、

ファットエイミーは、行方知らずの父親と再会しますが、彼は悪党なのであまりうれしくありません。

また、自分に近づいてきた理由は母親のお金のため。

 

ファットエイミー『私の前に二度と現れないで』

 

他の参加者が注目を浴びる中、ベラーズは勝ち負けを気にせずに楽しんでパフォーマンスをする、と新たに方向転換。

一方で、ベッカが作曲した曲を聞いたDJ。

 

『君だけ僕についてきてくれないか。ベラーズのメンバーは駄目だけど。』

 

ベッカは悩みます。

 

場面は変わり、

ファットエイミーの父は、ベラーズのメンバーを誘拐し、船の上に連れてきます。

 

『こいつらを傷つけてほしくなければ、お金を渡せ。』

 

ファットエイミーとベッカはみんなを助けに行きます。

ベッカと他のメンバーが踊っている間に、ファットエイミーは船内に侵入し、爆薬を仕掛け、消火器を持って現れます。(最初の場面)

 

無事にベラーズのメンバーを助けた一行。

ベッカは告白します。

 

ベッカ『実はわたしの実力を買ってくれる人が現れたの。でも、おのオファーを受けるとベラーズのパフォーマンスが出来なくなるから断ろうと思っているの』

 

一同は沈黙

 

『そんなのおかしいわ。オファーを受けるべきよ!』

 

それから一行はアメリカへ帰国後、自分たちの新たなる道について語り合います

 

わたしは軍人になるわ

わたしは自分のお店を出すわ。

わたしは・・・・

 

ベラーズは、それぞれの道を歩む前の、チームとして最後のパフォーマンスへ。

そこで『Freedom』を熱唱する。

スタンディングオーベーション。

終わり

感想

再結成の兆しはあれど、アカペラパフォーマンスグループの『ベラーズ』は第三作目で解散し、それぞれのメンバーはそれぞれの道を辿っていきます。

思えば、大学生の頃にメンバーと出会い、自分の性格や人生をも変えてくれた『ベラーズ』。

その『ベラーズ』も全国大会で優勝したりと栄光を勝ち得て、その後も何年も一緒にパフォーマンスをするも、それでもまだまだアマチュアグループ。

ジャニーズ、AKB・・・彼らのように人気者になれば話は全く別ですが、本作の主人公達は激売れするグループを目指す、その他たくさんの中の一つ。

そんないわゆる普通の彼女たちは、歌って踊ってお金を稼げるわけでもなく、ただ好きだから続けられるわけでもなく、あのキラキラしていた若い頃とは違う。

現実を直視し、皆がそれぞれの道を選び、結果、解散。

これって、超シミジミとします。

それでも大切な思い出は一生心に残り続けるのだなと。

 

思えば、大学生の頃に見た第一作目『ピッチパーフェクト1』から早数年。

あの頃にたくさんの事を始めて、たくさんの人と出会ったけれど、いつの間にか疎遠になったり、飽きて辞めてしまったり。

それでもずっと続いている事柄もあり、それに伴ってたくさんの人とも交流が続いてはいる。

でも、いつかは解散やら辞めてしまったりで、『さようなら」をしなければならない日も来るのだろうな、『ピッチパーフェクト3』を鑑賞して思いました。

内容は殆ど無かったけれど、それでも色々と考えさせられる『ピッチパーフェクト3」。

最高のフィナーレでした。