ホラー映画『キリング・グラウンド(原題:Killing Ground)』ネタバレ&内容 美しいキャンプ場で3日前に起こった恐ろしい出来事








映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。鑑賞後に読んでいただけたら嬉しいです。いつもありがとうございます。

映画『Killing Ground』を鑑賞して参りました。

胸糞警報発令!!

救いは主人公の旦那がイケメンだった事。

簡単なあらすじ

キャンプ場へやって来たラブラブカップル。そのキャンプ場では3日前に恐ろしい事件が起こっていた。

概要

オーストラリア映画。

意外と観ることが少ないオーストラリア映画。

映画『テキサスチェーンソー』のような使い古された設定でありながら、主人公・くず男・家族の3組の物語が少しずつ絡み合っていくミステリー映画のような仕上がりで斬新。

愉快犯のクズ男がかなり不快だったのですが、最後は主人公がぶっ飛ばしてくれました。

人気の無いキャンプ場は怖くて行けません。

ネタバレ

田舎のキャンプ場へはるばるやって来たラブラブカップル。

 

主人公の女『わあ、なんて綺麗な湖なの。ここにテントを立てましょう。あれ、何だか他にも誰かテントを立てているみたいね。でも良いわ。後で挨拶しておくわ。』

 

2人、美しい湖、自然を堪能するラブラブな2人。

 

主人公『結婚しましょう。』

 

旦那『勿論だよ。』

 

夜、旦那は目を覚ますと、豚に食べ物を食い荒らされています。

急いで食べ物を車の中に移動しにいくと、なんと、車のタイヤがパンクしておりました。(!!)

 

翌朝、パンクの修理をする旦那。

 

主人公『パンクが治ったら、さっさと帰りましょう』

 

主人公が荷物を運んでいると、

 

主人公『きゃああああああ』

 

主人公は倒れている赤ん坊を発見します。

 

主人公『この子は一体何なの?』

 

場面は変わり、

3日前(主人公夫婦がキャンプ場にやってくる3日前)

 

2人のクズ男はバーで飲み明かしています。

2人はサイコパスか何らかの異常性が見受けられます。

男はかつて服役していた事も分かります。

女好きですが、モテナイため全く相手にされていません。

2人の男は猟銃を持っており、森に出かけては動物狩りを楽しんでいます。

↑クズ男達

 

またまた場面は変わり、

3日前(主人公夫婦がキャンプ場にやってくる3日前)

 

親子4人(母、父、娘、赤ん坊)はキャンプ場にやってきます。

テントを張り、楽しく休日を過ごす家族。

娘を留守番に、母、父、赤ん坊は森の中を散策しに出かけます。

娘は車の中で仮眠を取る事に。

 

すると、2人のクズ男がキャンプ場へ狩猟をしにやって来ます。

 

男『ん??車が止まっている。しかも若いカワイイ女がいるぜ。』

 

2人のクズ男は銃で脅し、恐怖に怯える娘を車から出します。

助けにやって来た母と父も2人のクズ男に拘束されます。

 

そのまま森深くへ連れて来られた家族。

 

娘はレイプされ動きません。

 

男『頭の上に缶を置くから、それを撃て』

 

男は父の頭を撃ち、母の胸を撃ち、娘にはトドメの一発を頭に浴びせます。

↑胸糞すぎて。。。。

 

場面は変わり、

 

赤ん坊を見つけた主人公夫婦。

 

途方に暮れていると、車が。

クズ男の一人が乗っています。

 

主人公『助けて。赤ん坊がいたの。すぐに病院に連れて行って。』

 

男『いやその前に赤ん坊の家族を探すのが先だ。何かあったのかもしれない』

 

何も知らない主人公と旦那。

旦那は男と一緒に森の中へ赤ん坊の家族を探しに行きます。

 

森の奥深くへ進む男と旦那。

すると、旦那は銃で撃たれ絶命している父と娘を発見します。

 

旦那『すぐに警察に連絡だ』

 

男『母がいない!!!!』

 

殺したはずの母がいません。

旦那は何を言っているのかチンプンカンプン

 

辺りを探すと、息絶え絶えの母を発見。

 

旦那『大丈夫か?』

 

母『uhhhhhhh…….』

 

何かを必死で話そうとする母。

そんな母に男はトドメの一発を浴びせます。

 

旦那『何て事するんだ。』

 

旦那は状況をすぐに察知。男から全速力で逃げます。

 

一方で、

主人公は旦那と男を待っています。

すると、もう一台車がやって来ます。

 

主人公『助けて!!』

 

クズ男『もう一人の男はどこへ行った?』

 

森の中で銃声がこだまします。

クズ男は何かを察知して車の中の銃を取りに行きます。

とっさに危険を感じた主人公は車の中に隠れロックをかけますが、窓ガラスを割られます。

 

とっさにナイフをクズ男の手首に突き刺し、赤ん坊を抱えて森へと逃げます。

 

もう一人のクズ男は逃げる旦那を追いますが見失います。

探していた主人公達の代わりに、主人公に刺された手首の出血が原因で絶命しかけている相棒のクズ男を発見。

 

男『俺を撃ってくれ』

 

渋々、相棒のクズ男にトドメの一発。

 

主人公は赤ん坊を抱えて森を逃げ回っていますが、

男は赤ん坊の鳴き声を聞いて、隠れている主人公は発見されます。

 

男『子供を渡せ』

 

主人公『だめよ!!!!』

 

赤ん坊を奪い、そのまま赤ん坊を地面に叩きつけます。

 

主人公『Nooooooooooooooooooo』

 

そのまま主人公は男に拘束されます。

 

一方で、旦那は絶命した片方の男の車の鍵を奪い、その車で警察へと助けを呼びに行きます。

 

『くそおおおおおお、逃げられた!!』

 

そのまま主人公を連れて自分の車に乗り込みます。

 

主人公を乗せてどこかへ向かって走る男。

主人公は車の中で暴れ、そのまま車は木へ激突します。

 

警官と共に森へ帰ってきた旦那。

しかし、隠れていたクズ男によって返り討ちに。(警察無能すぎ!)

旦那も肩を撃たれてしまいます。

 

そして、主人公と旦那は男の指示に従い車に乗ります。

 

運転する主人公、助手席には旦那、そして後部座席には男が。

 

主人公『赤ん坊を助けたい』

旦那『もう遅かったよ。。。もう息をしていなかった。』

 

主人公は何かを決心。

アクセルを目一杯踏み加速。そのままハンドルを切ります。

車は激しく横転。

 

意識の無い旦那。

車から脱出を試みる男。

そこには主人公が立ち尽くしています。。

 

主人公は道端の大きな石で男の頭を殴りまくります。

 

場面は代わり、

主人公は病院のベッド。

身体中が痛い。

そのまま病院をウロウロすると、旦那がベッドで寝ています。

 

『生きてた!』

 

目を覚ます旦那。主人公はニッコリします。