【ネタバレ&内容&完全解説】ホラー映画『ヘレディタリー/ 継承(原題:Hereditary)』呪われた家系。祖母の葬式後、家族を襲う不気味な出来事








映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。鑑賞後に読んでいただけたら嬉しいです。いつもありがとうございます。

ホラー映画『ヘレディタリー(原題:Hereditary)』を鑑賞して参りました。

恐ろしい家族の運命。

2018年11月30日より日本公開。

簡単なあらすじ

祖母の葬式後、家族を襲う不気味な出来事。抗えない運命。

*Hereditary:遺伝的な

概要

2018年公開なのに、往年の名作カルト映画「エクソシスト」を引き合いに、「この10年で最も恐ろしい映画」との声、声、声。

一方で評価は二分。

難解で意味深な映画が大好物な批評家からは大絶賛、一方で、一般の観客からはブーイング。

監督、脚本は本作で長編監督デビューを果たしたアリ・アスター。今後が期待ですね。

始めから最後まで全てに意味が含まれているような、不気味な雰囲気。

明るい話題や賑やかな音楽が1秒たりともなく、永遠に居心地の悪い空気を彷徨う観客。

 

ラスト15分で畳み掛けるトラウマものの映像の数々は今でも頭から離れません。

 

出演者

トニ・コレット(母アニー)

映画『シックス・センス』や『イン・ハー・シューズ』など思い悩む役や映画『リトル・ミス・サンシャイン』での母親など色んなジャンルをこなすバイプレーヤー。

正統派美女ではないものの迫力のある風貌を最大限に活かした本作の怪演により、今年度のアカデミー賞主演女優賞ノミネートに王手をかけたトニ・コレット。

彼女の演技(顔)が一番怖い。彼女の顔芸が一番の見どころかも。

 

その他、旦那スティーブ役をガブリエル・バーン、息子ピーター役をアレックス・ウルフ、娘チャーリー役をミリー・シャピロが演じました。

ネタバレ

1、お婆ちゃんのお葬式

「ピーター、起きろ。お婆ちゃんの葬式へ行くぞ」

 

家族4人(母アニー、旦那スティーブ、息子ピーター、娘チャーリー)はお婆ちゃんの葬式へ。

 

式場には、多くの参列者が。

主人公アニーは母(おばあちゃん)の娘として代表で追悼の辞を述べます。

 

アニー「わたしの母(お婆ちゃん)は秘密の多い人でした。そしてわたしの知らない何かに夢中になっていた事も知っています。事実、参列している母(おばあちゃん)の知り合いは誰一人として知りません」

 

アニーと母(お婆ちゃん)は生前、あまり親しくなかった事が分かります。


↑物語のキーパーソンのおばあちゃん。

アニーは精巧なミニチュアを作る芸術家。

小さい頃から夢遊病に悩まされており、精神が安定しません。

 

息子ピーターは、母アニーを酷く嫌っていますが、その理由は“以前、目が覚めたら、自分に灯油をかけ、焼き殺そうとしたから”。

 

しかし、アニーは覚えておらず、夢遊病のせいだと主張しています。


↑母アニーを酷く嫌う。

娘チャーリーは物静かで、いつも何かを作ったりしています。

口数が少なく、常に無表情。


↑不思議っ子の娘チャーリーは工作が得意。

旦那スティーブはセラピストであり、アニーを支えています。

お婆ちゃんは孫娘チャーリーを可愛がっていました。

娘チャーリーは家から離れた小屋で生活しています。

 

母アニー「お婆ちゃんが亡くなったけれど、今度はわたしが守るから」

 

娘チャーリー「お婆ちゃんはいつもわたしに、男であれば良かったのに、と言っていた。」

 

チャーリーという名前も男の子の名前です。

おばあちゃんは男の子を欲しがっていたようです。

アニーはお婆ちゃんの遺品を整理していると、謎のメモを発見します。

 

「ごめんなさい。これからあなたたちに恐ろしいことが起こるけれど、必ず素晴らしい見返りがあるから」

 

アニーはふと、亡くなったはずのお婆ちゃんを見かけますが、気のせいのようです。


↑母(おばあちゃん)がアニーにくれたネックレス。

場面は変わり、

旦那スティーブのもとに一本の電話が。

 

「お婆ちゃんの墓が何者かによって掘り起こされ、遺体が盗まれてしまいました・・・」

 

旦那スティーブは、アニーを動揺させまいと、黙っておきます。

 

2、アニーの告白

アニーはお婆ちゃんが亡くなってから、更に精神のバランスを崩し、集団セラピーに参加します。

 

アニー「わたしには兄がいました。しかし、兄は自殺しました。それはお婆ちゃんのせいだと今も思っています。お婆ちゃんが兄の身体に、何か別の人を入れようとしていたんです。わたしの父は精神病を患い、食事を拒否し、そのまま餓死しました。」

 

アニーは、家系の男が悲惨な目にあっており、兄が亡くなったのはお婆ちゃんのせいだと信じ、アニーが息子ピーターを妊娠した際も、お婆ちゃんが男である息子ピーターに何かをすると思い、中絶をも考えました。

結局、お婆ちゃんの強い意志で男の息子ピーターを出産しますが、アニーはお婆ちゃんに対して、息子ピーターに指一本触れさせませんでした。

一方で、お婆ちゃんの気持ちを抑えるために娘チャーリーを代わりにお婆ちゃんに預けていました。

お婆ちゃんは孫娘チャーリーの授乳をもしていました。

そんな行いに罪悪感を感じていた母アニー。

 

3、パーティー

娘チャーリーは学校でテストを受けています。

しかし、心ここに在らず。常に何かを工作しています。

 

娘チャーリーは自分に近づいてくる青白い光を発見。

その光に包まれる娘チャーリー。

 

すると、突然、教室の窓に鳩が激突。

無表情の娘チャーリーはハサミで鳩の頭をちょん切ります。


↑残酷な娘チャーリー。

一方で、

息子ピーターもクラスでギリシャ神話「ヘラクレス」の授業を受けています。

休み時間は友人とマリファナを吸い、ぼーっと過ごしています。

 

家に帰る息子ピーター

 

息子ピーター「パーティーに行きたいんだ。車を貸してくれ」

 

母アニー「娘チャーリーも連れていくのなら良いわ」

 

息子ピーターは妹(娘チャーリー)も一緒にパーティーへ連れていくことに。

しかし、息子ピーターは妹(娘チャーリー)を置き去りに、1人友達とマリファナを吸っています。

 

娘チャーリーは1人、パーティー会場を彷徨い、チョコレートケーキを食べます。

しかし、娘チャーリーはナッツアレルギーのため、運悪くナッツ入りケーキを食べてしまい、アナフィラキーショック。

呼吸困難に。

息子ピーターはすぐに病院へ向かいます。

 

道中、

息が苦しくて仕方がない娘チャーリーは、自動車の窓をあけ、顔を出します。

全速力で運転する息子ピーター。すると目の前に鹿の死骸。

驚いてハンドルを切ると、運悪く、電柱があり、顔を出していた娘チャーリーは頭をぶつけ、そのまま頭がもげてしまいます。

 

動揺する息子ピーター。

電柱には謎の紋章。


↑呆然とする息子ピーター

4、謎の女

 

母アニー「きゃああああああああああああああ」

 

翌朝、頭

の無い娘チャーリーの死体を発見した母アニーの叫び声が家中に響き渡ります。

それからというもの、母アニーと息子ピーターの仲は最悪に。

 

母アニー「わたしはもともと、あんたの母親になりたくなかった。中絶したかった!」

母アニーの精神病は悪化し、集団セラピーに参加することに。

そこで出会った謎のおばさん。

 

謎のおばさん「あなたの気持ちわかるわ。力になれると思う」

 

謎の女も息子を若くして亡くしているよう。

アニーは謎の女の家へ通うように。

 

謎のおばさん「不思議な儀式をやってみない?そうすれば死んだ娘チャーリーと話ができるわ」

 

謎のおばさんは、自分の息子を見本に、息子の魂と対話します。

半信半疑だった母アニーも驚き、娘チャーリーを呼び出すことに。

 

「クリッ」

娘チャーリーが癖で出す音が部屋の中で聞こえます。

母アニーは家へ帰りますが、謎のおばさんの部屋のテーブル(謎の儀式を行ったテーブル)には何故か息子ピーターの写真が。

息子ピーターも、精神を病み始め、死んだはずの娘チャーリーを見たりと、追い込まれて行きます。


↑謎のおばさんと共に儀式を行う母アニー。

母アニーは、旦那、そして息子ピーターと、死んだ娘チャーリーを降臨する謎の儀式を行いますが、

旦那が途中で強制的に中断させます。

母アニーはもう錯乱しておかしい状態です。


↑全ての準備が整いました。

5、屋根裏部屋の秘密

母アニーはお婆ちゃんの遺品が置いてある屋根裏部屋へ行きます。

そこには悪魔崇拝やおまじないなど不気味な本の数々。

そして、写真も。

その写真にはお婆ちゃんと一緒に映っている謎のおばさんが。

お婆ちゃんと謎のおばさんは知り合いであり、おばあちゃんはカルト宗教のリーダーであり、そのカルト宗教は悪魔パイモンを崇拝していることがわかります。

悪魔パイモンは「男」の体を求めていることも分かります。

 

部屋へ進むと、そこには頭のもげたお婆ちゃんの死体が。


↑頭の無いおばあちゃんの腐乱死体を発見する母アニー

場面は変わり、

授業を受けている息子ピーター。

すると青白い光が。

 

息子ピーターはなんらかの力に操られ、机に顔を激突。鼻が折れてしまいます。

 

6、アニー、崩壊

屋根裏部屋で母(お婆ちゃん)の頭の無い死体を発見したアニーは旦那スティーブに言います。

 

アニー「屋根裏部屋にお婆ちゃんの死体があったわ。」

 

旦那スティーブは、精神病のアニーが掘り起こしたのだと思っています。

 

アニー「悪魔パイモンがわたしたち家族を呪っているのよ。呪いを解くには娘チャーリーの絵本を燃やすしかない」

 

アニーが絵本を暖炉に捨てると、なぜか、旦那スティーブの身体が生きたまま燃えてしまい、死んでしまいます。

 

アニー「きゃああああああ」

 

アニーは発狂、すると突然無表情に。

真夜中、

目がさめる息子ピーター。

ふりむくと不気味に母アニーが立っています。

そして全速力で襲いかかってきます。

母アニーは壁をよじ登ったり、浮かんだりしています。

 

焼死している父スティーブ。

そして襲ってくる母アニー。

 

屋根裏小屋に逃げるピーター。

 

そこには頭の無いお婆ちゃんの死体。

上空にはアニーが浮かんでおり、ワイヤーで自分の首をちょん切っています

 

そして、裸で白塗りの人たちがニヤニヤしてピーターを見ています。

 

カオスな状況の中、ピーターは窓から飛び降り自殺。

すると青白い光がピーターを包みます。

 

目がさめるピーター。

離れの小屋をみると、頭の無い母が小屋へ。

小屋の周辺には白塗りのカルト宗教の信者たちが立ち尽くしています。

息子ピーターも小屋へ入ります。

そこには、頭のない、お婆ちゃん、母アニー、そして娘チャーリーが作っていた工作品が。

 

「パイモン様」

 

そこには謎の女が。

悪魔パイモンを息子ピーターの身体へ寄生する儀式が完了しました。

終わり

まとめ

家族の女長であるお婆ちゃんが亡くなった。

そこから主人公家族に起こる奇怪で恐ろしい出来事の数々。

実はお婆ちゃんはカルト宗教のリーダー。

カルト宗教の目的は、崇めている悪魔パイモンを人間の身体に寄生させること。

悪魔パイモンは、男の身体が必要。

カルト宗教のリーダーであるおばあちゃんは、自分の息子(母アニーの兄)に悪魔パイモンを寄生させようとするも失敗(自殺)。

次は、娘アニー(母アニー)の息子ピーターに悪魔パイモンを寄生させようとするも、母アニーはおばあちゃんを疑っていたので、息子ピーターに指一本触れさせない。

そのため、代わりに娘チャーリーに悪魔パイモンを寄生させることに。

無事、悪魔パイモンは娘チャーリーに寄生するも、悪魔パイモンは「男」の身体に寄生したい。

おばあちゃん死亡、カルト宗教が動き出す。

娘チャーリーを事故にみせかけて殺害し、その後は母アニー、旦那を追い込み、殺害、最期に生き残った息子ピーターも自殺、、、、するも青白い光が息子ピーターを包み、無事、悪魔パイモンは寄生成功。

終わり

解説

1、お婆ちゃんのお葬式

「ピーター、起きろ。お婆ちゃんの葬式へ行くぞ」

 

家族4人(母アニー、旦那スティーブ、息子ピーター、娘チャーリー)はお婆ちゃんの葬式へ。

 

式場には、多くの参列者が。

主人公アニーは母(おばあちゃん)の娘として代表で追悼の辞を述べます。

 

アニー「わたしの母(お婆ちゃん)は秘密の多い人でした。そしてわたしの知らない何かに夢中になっていた事も知っています。事実、参列している母(おばあちゃん)の知り合いは誰一人として知りません」

解説:お婆ちゃんの葬式の参列者のほとんどがカルト宗教の信者。既にここからカルト宗教が悪魔パイモンを息子ピーターに寄生させる計画が始まっている。

アニーと母(お婆ちゃん)は生前、あまり親しくなかった事が分かります。


↑物語のキーパーソンのおばあちゃん。

アニーは精巧なミニチュアを作る芸術家。

小さい頃から夢遊病に悩まされており、精神が安定しません。

 

息子ピーターは、母アニーを酷く嫌っていますが、その理由は“以前、目が覚めたら、自分にガソリンをかけ、焼き殺そうとしたから”。

 

しかし、アニーは覚えておらず、夢遊病のせいだと主張しています。

解説:母アニーも実は悪魔の呪いにかかっており、精神病(分裂症)という病に悩む女性。起きている間は悪魔の呪いでおかしくなる事もあるが、寝ている時だけは悪魔の呪いも効かない。母アニーは夢遊病の時に、息子ピーターを辛い運命から助けるために自ら火をつけて殺そうとしていたのかも。


↑母アニーを酷く嫌う。

娘チャーリーは物静かで、いつも何かを作ったりしています。

口数が少なく、常に無表情。

解説:生まれた時からカルト宗教のリーダーであるおばあちゃんに育てられた娘チャーリーの身体には、生まれたときから悪魔パイモンが寄生。悪魔パイモンは芸術を得意としており、娘チャーリーの芸術の才能も、母アニーのミニチュア作りの才能も悪魔パイモンの影響によるもの。


↑不思議っ子の娘チャーリーは工作が得意。

旦那スティーブはセラピストであり、アニーを支えています。

お婆ちゃんは孫娘チャーリーを可愛がっていました。

娘チャーリーは家から離れた小屋で生活しています。

 

母アニー「お婆ちゃんが亡くなったけれど、今度はわたしが守るから」

 

娘チャーリー「お婆ちゃんはいつもわたしに、男であれば良かったのに、と言っていた。」

 

チャーリーという名前も男の子の名前です。

おばあちゃんは男の子を欲しがっていたようです。

解説:悪魔パイモンは男の身体を必要としており、おばあちゃんはチャーリーに男であってほしかった。チャーリーという名前も男の子の名前。

アニーはお婆ちゃんの遺品を整理していると、謎のメモを発見します。

 

「ごめんなさい。これからあなたたちに恐ろしいことが起こるけれど、必ず素晴らしい見返りがあるから」

 

アニーはふと、亡くなったはずのお婆ちゃんを見かけますが、気のせいのようです。


↑母(おばあちゃん)がアニーにくれたネックレス。

解説:おばあちゃんとおそろいの母アニーのネックレスは、悪魔パイモンの紋章が。

場面は変わり、

旦那スティーブのもとに一本の電話が。

 

「お婆ちゃんの墓が何者かによって掘り起こされ、遺体が盗まれてしまいました・・・」

 

旦那スティーブは、アニーを動揺させまいと、黙っておきます。

 

2、アニーの告白

アニーはお婆ちゃんが亡くなってから、更に精神のバランスを崩し、集団セラピーに参加します。

 

アニー「わたしには兄がいました。しかし、兄は自殺しました。それはお婆ちゃんのせいだと今も思っています。お婆ちゃんが兄の身体に、何か別の人を入れようとしていたんです。わたしの父は精神病を患い、食事を拒否し、そのまま餓死しました。」

 

アニーは、家系の男が悲惨な目にあっており、兄が亡くなったのはお婆ちゃんのせいだと信じ、アニーが息子ピーターを妊娠した際も、お婆ちゃんが男である息子ピーターに何かをすると思い、中絶をも考えました。

結局、お婆ちゃんの強い意志で男の息子ピーターを出産しますが、アニーはお婆ちゃんに対して、息子ピーターに指一本触れさせませんでした。

一方で、お婆ちゃんの気持ちを抑えるために娘チャーリーを代わりにお婆ちゃんに預けていました。

お婆ちゃんは孫娘チャーリーの授乳をもしていました。

そんな行いに罪悪感を感じていた母アニー。

解説:おばあちゃんは息子(母アニーの兄)に悪魔パイモンを寄生させようとするも失敗(自殺、ちなみにおばあちゃんの旦那も餓死)、アニーの息子ピーターに寄生させようとするも母アニーは指一本触れさせてくれない。そこで娘チャーリーに一時的に寄生させ、息子ピーターへ寄生させる機会を伺っていた。

3、パーティー

娘チャーリーは学校でテストを受けています。

しかし、心ここに在らず。常に何かを工作しています。

 

娘チャーリーは自分に近づいてくる青白い光を発見。

その光に包まれる娘チャーリー。

 

すると、突然、教室の窓に鳩が激突。

無表情の娘チャーリーはハサミで鳩の頭をちょん切ります。

解説:青白い光は悪魔パイモンがやってきた合図。


↑残酷な娘チャーリー。

一方で、

息子ピーターもクラスでギリシャ神話「ヘラクレス」の授業を受けています。

休み時間は友人とマリファナを吸い、ぼーっと過ごしています。

解説:授業内容は『生贄』に関して。

家に帰る息子ピーター

 

息子ピーター「パーティーに行きたいんだ。車を貸してくれ」

 

母アニー「娘チャーリーも連れていくのなら良いわ」

 

息子ピーターは妹(娘チャーリー)も一緒にパーティーへ連れていくことに。

しかし、息子ピーターは妹(娘チャーリー)を置き去りに、1人友達とマリファナを吸っています。

 

娘チャーリーは1人、パーティー会場を彷徨い、チョコレートケーキを食べます。

しかし、娘チャーリーはナッツアレルギーのため、運悪くナッツ入りケーキを食べてしまい、アナフィラキーショック。

呼吸困難に。

息子ピーターはすぐに病院へ向かいます。

解説:娘チャーリーはチョコレートが好きですが、チョコレートは悪魔が好きな食べ物。

道中、

息が苦しくて仕方がない娘チャーリーは、自動車の窓をあけ、顔を出します。

全速力で運転する息子ピーター。すると目の前に鹿の死骸。

驚いてハンドルを切ると、運悪く、電柱があり、顔を出していた娘チャーリーは頭をぶつけ、そのまま頭がもげてしまいます。

 

動揺する息子ピーター。

電柱には謎の紋章。

解説:一連の出来事も全てカルト宗教によるもの


↑呆然とする息子ピーター

4、謎の女

 

母アニー「きゃああああああああああああああ」

 

翌朝、頭

の無い娘チャーリーの死体を発見した母アニーの叫び声が家中に響き渡ります。

それからというもの、母アニーと息子ピーターの仲は最悪に。

 

母アニー「わたしはもともと、あんたの母親になりたくなかった。中絶したかった!」

解説:母アニーは本能的に、一族の男には何か不吉な事が起こると信じていた。母アニーは息子ピーターを愛してなかったわけではない。

母アニーの精神病は悪化し、集団セラピーに参加することに。

そこで出会った謎のおばさん。

 

謎のおばさん「あなたの気持ちわかるわ。力になれると思う」

解説:謎のおばさんは、カルト宗教のいち味。謎のおばさんの部屋には悪魔パイモンの紋章が。

謎の女も息子を若くして亡くしているよう。

アニーは謎の女の家へ通うように。

 

謎のおばさん「不思議な儀式をやってみない?そうすれば死んだ娘チャーリーと話ができるわ」

 

謎のおばさんは、自分の息子を見本に、息子の魂と対話します。

半信半疑だった母アニーも驚き、娘チャーリーを呼び出すことに。

 

「クリッ」

娘チャーリーが癖で出す音が部屋の中で聞こえます。

母アニーは家へ帰りますが、謎のおばさんの部屋のテーブル(謎の儀式を行ったテーブル)には何故か息子ピーターの写真が。

息子ピーターも、精神を病み始め、死んだはずの娘チャーリーを見たりと、追い込まれて行きます。

母アニーは謎の儀式を行うも、実は息子ピーターを悪魔パイモンに捧げる儀式であり、アニーは知らず知らずに悪魔パイモンに魂を売ることに。『クリッ』という癖も悪魔パイモンの癖そのもの。


↑謎のおばさんと共に儀式を行う母アニー。

母アニーは、旦那、そして息子ピーターと、死んだ娘チャーリーを降臨する謎の儀式を行いますが、

旦那が途中で強制的に中断させます。

母アニーはもう錯乱しておかしい状態です。


↑全ての準備が整いました。

5、屋根裏部屋の秘密

母アニーはお婆ちゃんの遺品が置いてある屋根裏部屋へ行きます。

そこには悪魔崇拝やおまじないなど不気味な本の数々。

そして、写真も。

その写真にはお婆ちゃんと一緒に映っている謎のおばさんが。

お婆ちゃんと謎のおばさんは知り合いであり、おばあちゃんはカルト宗教のリーダーであり、そのカルト宗教は悪魔パイモンを崇拝していることがわかります。

悪魔パイモンは「男」の体を求めていることも分かります。

 

部屋へ進むと、そこには頭のもげたお婆ちゃんの死体が。


↑頭の無いおばあちゃんの腐乱死体を発見する母アニー

場面は変わり、

授業を受けている息子ピーター。

すると青白い光が。

 

息子ピーターはなんらかの力に操られ、机に顔を激突。鼻が折れてしまいます。

解説:息子ピーターにも悪魔パイモンが寄生しかけています。

6、アニー、崩壊

屋根裏部屋で母(お婆ちゃん)の頭の無い死体を発見したアニーは旦那スティーブに言います。

 

アニー「屋根裏部屋にお婆ちゃんの死体があったわ。」

 

旦那スティーブは、精神病のアニーが掘り起こしたのだと思っています。

 

アニー「悪魔パイモンがわたしたち家族を呪っているのよ。呪いを解くには娘チャーリーの絵本を燃やすしかない」

 

アニーが絵本を暖炉に捨てると、なぜか、旦那スティーブの身体が生きたまま燃えてしまい、死んでしまいます。

 

アニー「きゃああああああ」

 

アニーは発狂、すると突然無表情に。

真夜中、

目がさめる息子ピーター。

ふりむくと不気味に母アニーが立っています。

そして全速力で襲いかかってきます。

母アニーは壁をよじ登ったり、浮かんだりしています。

 

焼死している父スティーブ。

そして襲ってくる母アニー。

 

屋根裏小屋に逃げるピーター。

 

そこには頭の無いお婆ちゃんの死体。

上空にはアニーが浮かんでおり、ワイヤーで自分の首をちょん切っています

 

そして、裸で白塗りの人たちがニヤニヤしてピーターを見ています。

解説:屋根裏部屋には謎の魔法陣や悪魔パイモンの紋章などのイラストが書かれている。

カオスな状況の中、ピーターは窓から飛び降り自殺。

すると青白い光がピーターを包みます。

解説:ピーターは飛び降りたことで死んだと思う。その死んだ身体に悪魔パイモンは寄生。

目がさめるピーター。

離れの小屋をみると、頭の無い母が小屋へ。

小屋の周辺には白塗りのカルト宗教の信者たちが立ち尽くしています。

息子ピーターも小屋へ入ります。

そこには、頭のない、お婆ちゃん、母アニー、そして娘チャーリーが作っていた工作品が。

 

「パイモン様」

 

そこには謎の女が。

悪魔パイモンを息子ピーターの身体へ寄生する儀式が完了しました。

終わり