ホラー映画「Don’t breathe(邦題:ドント・ブリーズ)」ネタバレ&内容 強盗3人組が入った家主は盲目の老人。しかし、盲目の老人は元軍人だった








映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。鑑賞後に読んでいただけたら嬉しいです。いつもありがとうございます。

スポンサーリンク

 ホラー映画「Don’t breathe」を観てきました。

簡単なあらすじ

強盗を繰り返しては小銭を稼ぐ最低な3人組。次のターゲットは盲目の元軍人老人が住む家。いざ突入、返り討ち。

感想

前評判が高く、興行収入も配給会社の笑いが止まらない成績。

しかも設定が、とても面白そう!!!

 

そんな好要素が重なって期待度マックスの状態で映画館へ。。。。。

 

うげーーーー

 

1ミリも共感できない登場人物たち(ウザすぎる犬も含めて、、、)。

お金にがめつすぎる登場人物たち。

意外性の無いストーリー。

多すぎる鍵、鍵、鍵、そして鍵。

 

今回の戦犯は、どこかのサイトの日本語で書かれた映画の紹介文だと思います。

 

「盲目の老人だが、聴覚が異常に発達した元軍人」。

 

そんなこと書かれたら見る方の妄想も広がっちゃいます。

 

「お前の心臓の音、聞こえてるぞ、、、、」

 

とか、そういうのを期待していたのですが、

実際は盲目で戦闘力が高いのは本当ですが、聴覚は一般人と多少あまり変わらない程度。盲目なので家を要塞のように改造しているかと思えばごく普通の家。

肝心のところは「異常に発達した聴覚」たるものが全く生かされていない。

 

音を立ててしまい、振り返れば拳銃を小脇に抱えて立ち尽くす老人、じっと声を潜めて、立止まり、老人がすぐ側を通り過ぎる。逃げるように移動。音を立ててしまい、、、、以下繰り返し。

 

というか四六時中、足音やら物音やら立てまくっているので何とも言えないですが、登場人物にとって都合の悪い時にのみ音に敏感な老人。

そうそう、老人が、その嗅覚で盗人たちが脱ぎ捨てた靴を見つけて、強盗が3人いる(残り二人抹消せねば)ということに気づくシーンも、、、その嗅覚なら通り過ぎたときに気づくでしょ!!

 

1番の問題はお金には人一倍執着が強いのに、全然役に立たない主人公の女。

 

ハラハラというより、むずがゆいというかイライラというか、、、そんな本作。

スポンサーリンク

 

ネタバレ

3人の盗人が盲目のおじいちゃん宅へ、、、その三人は、「今回が最後の盗みよ!!」とウキウキルンルンな主人公の女、セキュリティ会社のお偉いさんを父に持ち、毎回クライアントの家の鍵を持ち出しては窃盗に協力する坊ちゃん、そして、全てが軽い、諸悪の根源のようなレゲエ系屑兄ちゃんの3人。とにかくお金が欲しい盗人たち、次のターゲットは盲目のおじいちゃんの家。そこには30万ドル現ナマである、との怪情報を元に、グーグル先生で検索するくらいの軽めの下準備をし、出発。

夜の2時、おじいちゃんの家へ侵入。このおじいちゃんのワンちゃんがいたので睡眠薬入りのお肉をあげて、そのままワンちゃんは後の出演までビューティスリープ。どこの扉も頑丈な鍵がかかっているので、主人公の女がしょうがなく少し高めにある窓を割って侵入。ミシミシとなる廊下を歩き、中から鍵を開け盗人仲間2人を家へ招き入れます。中を探索する3人。レゲエ系屑兄ちゃんが2階へ上がりおじいちゃんの寝室へ。睡眠ガスのようなものを用意。一瞬、睡眠ガスを準備しようとおじいちゃんから目を離した直後、おじいちゃんが、、、、、びっくり、、寝ぼけて起きていました。そりゃあんなに音を立てられたら起きるわよね、、、

その後、レゲエ系兄屑ちゃんが睡眠ガスを部屋中に撒き、おじいちゃんの寝室をそっと閉めます。「おやすみ、おじいちゃん」。睡眠ガスでおじいちゃんを爆睡させたので、ノリノリのレゲエ系兄ちゃん。金庫があると思しき部屋には頑丈な鍵がかかっているので、銃で鍵を吹き飛ばします。暴力反対の坊ちゃんはそんな荒業を使うレゲエ系屑兄ちゃんに反発し一人家に帰ることに。残された二人。そこにおじいちゃん登場。眠らせたはずなのに、、、、「誰??」と尋ねるおじいちゃんに銃を向けるレゲエ系屑兄ちゃん。一瞬の隙を突かれ、銃を奪われ、逆に撃ち殺されてしまいます。そう、おじいちゃんは元軍人の怒れるマッチョマン。盲目のおじいちゃんは側にいた主人公の女には気づかず、女も息を殺して存在感を消しています。おじいちゃんは、泥棒に侵入される→家の防衛が弱い、という結論に至り、家中の扉に南京錠をかけます。その間、女はクローゼットの中に隠れ、2度目の銃声を聞いた坊ちゃんは家に戻ってきます。おじいちゃんもお金が心配。クローゼットに隠していた金庫の中のお金を確認。主人公の女が隠れているとも知らずに。

死亡 レゲエ系兄ちゃん {残り3人}

おじいちゃんがどこかへ行った後、主人公の女と坊ちゃんがクローゼットで再会。こんな状態でもお金のために動ける主人公、棚から牡丹餅30万ドルを金庫から出し鞄に入れる女、30秒前くらいに友達殺されてんだけど、、、、その行動に仰天する坊ちゃん。あなたも怖い。。。二人は地下室から地上へ逃げる作戦を立て、地下室へ。一方、おじいちゃんは、さあ、泥棒退治もしたし、これからお茶でも飲もうかしら、そう思っていた矢先、あまりにも臭かったのか、盗人たちが脱ぎ捨てた靴を発見。6足。盗人は一人じゃない!そう気づいたおじいちゃんは真っ先に金庫へ。無い無い、無―――い。

場面が変わり地下室の盗人二人、出口から地上へ上がろうと思った矢先、お化けに襲われます。お化けの正体は手足を拘束され身動きの取れないお姉さん。誰??誰??不思議に思う二人。その正体は、おじいちゃんの娘を交通事故で殺してしまった加害者張本人でした。30万ドルはその時の慰謝料でした。娘を失ったおじいちゃんは加害者お姉さんを監禁して、レイプ、新たに自分の子供を作ろうと監禁していたのです。おじいちゃんもクソ爺でした。クソ爺も警察を呼べない理由があったのです。

もう誰も応援できないと悟った瞬間でした。加害者のお姉さんを解放し、3人で仲良く逃げようと地上への扉を開けると、そこにはクソ爺が、、、、銃を撃ち放ちます。運悪く、加害者のお姉さんに命中、絶命。既におじいちゃんとの子供を妊娠中だった加害者のお姉さんの死を知り、またまた怒れるクソ爺。地下室で逃げ惑う二人。電気を消されるなど、盲目のクソ爺にとってボーナスステージだったのに仕留められず逃げられます。

地下室が出てきた盗人二人、今度はビューティースリープから目覚めたワンちゃんに襲われます。

主人公の女は屋根裏に、坊ちゃんはクソ爺と直接対決し、そっこうで殴られて瀕死の状態。そしれクソ爺、シザーマンも愛用していそうな大きなハサミで坊っちゃんを突き刺します。坊っちゃん殺られたか。主人公の女は屋根裏からもう少しで出られそう、というところでクソ爺に捕まり、殴られ気を失います。

気が付くと加害者のお姉さんが監禁されていた地下室で、拘束され監禁されていました。「お前が代わりに俺の子供を産め」というキモイ理由で、冷蔵庫に保存していた自分の精子を取り出しスポイトで吸出し、体外受精させようとします。クソ爺も年なのね、、、もう入れられるという瞬間に坊ちゃんが華麗に登場。え、、、?生きてたの、、??トンカチ片手に爪があめえんだよ、、とクソ爺に猛アタック。形勢逆転しました。クソ爺を手錠でつなぎ、2人は地上へ、そして鍵を開け、外へ出ようとした瞬間、どうやって出たのか、クソ爺が後ろから坊ちゃんを撃ち殺します。坊っちゃんお疲れ。そして運よくいろいろな意味で玉切れなクソ爺の隙を見て、主人公の女は外へ猛ダッシュ。安堵の束の間、「お前の席、ねえから!!!!」と吐き捨てた瞬間、ワンちゃんが笑顔で走ってきます。逃げる主人公、車の中に逃げ込むも、お金の入った大事な鞄を外に落としちゃった。外にはワンちゃんがスタンバイ。車から出ように出れない。こういうドンくさいところ、かなり腹立つ。どうにかしてウザいワンちゃんを抹殺して、お金の入ったカバンをゲットし、一人勝ちしたい主人公の女。ウザいワンちゃんを撃退し、鞄をゲット。その瞬間、後ろから突如現れたクソ爺に襲われます。あなた本当に盲目ですかあ???

死亡 坊ちゃん {残り2人}

家に再び連れてこられた女主人公。今度は本気で殺しにかかるクソ爺。主人公の女は警報器を鳴らし、家中にサイレンが鳴り響きます。目が見えない分、音に敏感(という設定らしい)なクソ爺は方向感覚を失い、女からトンカチで袋叩きに合い、地下室へ落とされたクソ爺。これスパイダーマンで見たことあるお。
ついに殺った!!!そう確信し、女はダッシュで逃げます。もちろん30万ドルを持って。

死亡? クソ爺 {残り1人}

優勝者 主人公の女

賞金 30万ドル

駅のホーム、カリフォルニア行きの列車(?)を待っています。そこでニュースが。。。「クソ爺はまだ生きている」、。。。

終わり。

(photo credit: IMDb)