【ネタバレ&内容】タイ・ホラー映画『3AM (Thai: ตีสาม )』夜中3時には幽霊が現れる。死んだはずの花嫁が・・・呪われたカツラ・・・








映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。鑑賞後に読んでいただけたら嬉しいです。いつもありがとうございます。

タイ・ホラー映画『3AM (Thai: ตีสาม)』を鑑賞

【評価】
星 4/10 ★★★★

簡単なあらすじ

概要

・原題:3AM (Thai: ตีสาม 3D)
・製作国:タイ
・製作年:2012
・日本公開日:未定

タイではおなじみのオムニバス形式のホラー映画。

タイトルの『深夜三時』ですが、タイでは深夜3時に幽霊が出ると言われているとかいないとか・・・

ネタバレ

1、呪いのウィッグ(カツラ)

主人公メイは親の後を継いでウィッグ職人として生活をしています

姉ミントは両親から可愛がられているメイとは違い、ウィッグ職人になる気はさらさらない様。そんな姉妹は勿論険悪の間柄。

両親は中国へ旅行へ行ったため、残された姉妹ふたり。

メイはいつも通りウィッグ作りに励む日々。

ある時、お得意様のオバさんがやってきます。

 

『新しい髪があるけれどどうかしら。』

 

綺麗な長い髪の毛はウィッグにぴったりだと思い、メイは髪の毛を受け取ります。

実はこの髪の毛はおばさんの金欲しさに、自殺した女性の髪の毛を切り落として手に入れた代物。

紙袋に入っている髪の毛はモゾモゾと動き始めますが、メイは気付かず。

その晩、

メイはオバさんから買い取った美しい髪の毛の手入れをし、気づいたら午前3時。

屋上では、ミントとその友人達が大音量でどんちゃん騒ぎしており、メイはさすがにキレます。

 

メイ『近所迷惑だから静かにしてよ』

 

さらに、ミントの友達のおかまは調子に乗って、メイが作ったウィッグを被って遊んでいます。

 

メイ『あんたの友達でしょ。ちゃんと注意してよ。ウィッグは大切な商品よ。』

ミント『お父さんとお母さんのお気に入りだからって調子に乗るなよ。』

二人の喧嘩がデッドヒートする中、ウィッグを元の場所へ返しに行ったオカマの悲鳴が聞こえます。

一同がオカマの元へ駆けつけると、オカマは首だけ切られて死んでいます。

目の前には女性の幽霊。

 

『ぎゃあああああ』

 

女性の幽霊が襲ってきます。

次々と殺され、残りはメイとミントに。

幽霊と戦うメイとミントですが、メイは髪の毛を乾かす高音乾燥機のような機械の中に閉じ込められてしまいます。

機械の温度はどんどん上がっていきます。

ミントはメイを助けるために必死で機械を壊そうとしますがビクともしません。

しかし、メイのおかげか、マシンがオーバーヒートし爆発。

吹っ飛ばされるメイとミント。

ミントは目を覚ますも、メイの姿がありません。

すると、中国旅行から帰ってきた両親が荒れた部屋を見て驚いています。

ミントが事情を説明しようと両親に近づくと、突然、メイが泣きながら現れ両親に抱きつきます。

ミントは声をかけるも無視されます。

ミントは気づきます。

『わたしは爆発で死んだ。』

両親に抱きつくメイですが、メイは幽霊に乗り移られているようです。

感想

呪われたウィッグ(髪の毛)という設定は新鮮で面白いと思ったのだけれど、ウィッグを被った人を呪うとかではなく、『ただそこにいたから』という理由で呪い殺す幽霊様の動機は何だかなあ。『タイ人は背景とか気にしないから大丈夫、マイペンライ!』というノリで人気女優を起用して製作された映画なのか、不仲な兄弟とか、美しさレベルに圧倒的に差のある姉妹事情とか、わたし、こんなに頑張っているのにあなたは遊んでばかりでずるいわ、という若者特有のドロドロが活かされることなく単なるバッドエンド。唯一の救いはオカマ。ハリウッド映画だと最初に調子に乗ったマッチョ系兄貴か、主演は張れないフェイスだけれど濃いメイクでごまかしているワガママビッチが最初の犠牲者になる事が定説だけれど、タイではオカマが最初に死ぬのだと思う。


↑タイ映画には欠かせないオカマ。

2、呪われた花嫁

主人公トッドは看護師。給料の良さに釣られて始めた新しい仕事は奇妙なもの。

それは、結婚式の一週間前に亡くなってしまった若夫婦の世話をすること。

トッドは夫婦が住むはずだった新居に住み込みで働き始めます。

家には、棺が2つ。もちろん新郎マイクと新婦チェリーが眠っている棺です。

トッドの仕事は、毎日決められた食事を作り、棺の前にお供えすること。

変な仕事に戸惑うトッドですが、亡き新婦チェリーの写真を見ると顔が美人のため少しずつ惹かれていきます。

ある時、新婦チェリーの棺が少し空いており、閉めようとすると、棺の中にトカゲ(チンチョウ)が忍び込み、トカゲは新婦チェリーの股の中へ入っていきます。

トッドはヤバイとおもい、新婦チェリーの股に手を入れ、トカゲを取り出そうとすると、新郎マイクの棺が動き出します。

トッドはトカゲを諦め、新婦チェリーの棺の蓋を閉めます。

トッドは家を物色していると、新郎マイクは新婦チェリーに対し、手足を縛ったりなど暴行していたことが分かります。

トッド『嫉妬に狂ってチェリーを殺したに違いない。』

トッドはマイクを憎み、チェリーに同情します。

棺からチェリーを出し、ベッドに寝かせ、一緒に横になります。

トッドは裸になり、チェリーにキス。

そんな奇妙な生活が続き、数日が経ちます。

物音で目がさめるトッド。

新郎マイクの棺が開いており、マイクの姿がありません。

チェリーを守るべく部屋に戻ると、誰もいません。

トッドが部屋を物色すると、実は新郎マイクがチェリーを殺害したのではなく、精神病のチェリーがマイクを殺害し、自ら自害したことを知ります。

同時に、チェリーに襲われるトッド。

目が醒めると、トッドは棺の中に閉じ込められ、棺の上には顔が腐ったチェリーが座っています。

感想

死んでいる花嫁に恋に落ちるというぶっ飛んだ主人公設定が素晴らしい。『情熱的なんだけれど思い込みの激しいタイ人の男』というタイ人オトコにありがちな性質を体現したキャラクターだけれど、生前の花嫁の美しさが凄まじいので恋に落ちるのも納得。しかし、死んでいる花婿マイクにまで嫉妬する主人公の狂気っぷりが良かった。

本当は腐敗していたチェリーの死体も、盲目状態のトッドの前には生前の美しいチェリーのまま。展開は完全に読めるけれど、それでも主人公にもっと夢を見させてほしいと思ってしまった物語

3、いたずら

とある会社のオフィス。

深夜、残業に勤しむ美人社員。

美人社員は仕事をしながらSNSにセクシーな写真を投稿し、男漁りをしています。

そんな中、突然の物音。そして、オフィス中のパソコンが勝手に起動しはじめ、目の前には幽霊が。

『ぎゃあああああ』

恐怖で逃げ出した美人社員は悲鳴をあげますが、その声はオトコ、(ニューハーフだった)

一連の騒動は社長によるイタズラによるもの。社長はイタズラ好きで社員を驚かせては楽しんでいました。

ブンとジンは会議の資料作成のため残業中。

すると社長のいたずらにより恐怖体験をし、非常階段で逃げ出します。

社長が笑いながら現れるも、ブンとジンはイタズラを見破り、逆に社長を驚かせます。

この行いが何回か繰り返されます。

(以下省略。)

実は、ブンとジンは最初に驚かされた時に非常階段から落ちて死んでおり社長は幽霊となったジンとブンとイタズラし合いっこしていた事に気付きます。

終わり

↑おすすめタイ映画を紹介しています。日本では公開されていない面白いタイ映画はたくさんあるので是非読んでいただければ幸いです。