【ネタバレ&内容】『パラノーマン ブライス・ホローの謎』霊能力のある少年。街にゾンビがやってくる未来が見えるが・・・








映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。鑑賞後に読んでいただけたら嬉しいです。いつもありがとうございます。

映画『パラノーマン ブライス・ホローの謎 (ParaNorman)』を鑑賞

簡単なあらすじ

亡霊が見える少年。ある時、街にゾンビがやってくる未来が見える・・・

概要

良質なストップモーションアニメを連発するライカスタジオからの映画。

 

不思議なチカラを持つが故に人々から避けられ孤独な少年。

理解しようとしない周囲の人々。

そして未知なるモノを排除してきた人間。

それは今も昔も変わらない。

マイノリティにとって理解者の存在がどれだけ励みになるか。

素晴らしいテーマと映像。

 

また、大作アニメ映画では初のゲイのキャラクターが出てきた事でも話題に。

『子供向け映画には相応しくない』とクレームが寄せられたそう。(バカ親)

ネタバレ

11歳の主人公ノーマンはホラー映画が大好き。

しかし、そんなノーマンを家族を含め、周囲の人々は気味悪がっています。

というのも、ノーマンには死んだ亡霊が見えており、時折、亡霊に話しかけたり談笑したりしているため、そんなノーマンを気味悪がっているのです。

家には亡くなったお婆ちゃんの亡霊が棲み着き、交流をするノーマンですが、家族の誰一人としてノーマンの不思議な力を信じておらず、ノーマンの将来を不安に感じています。

 

ノーマンは学校でも虐められ、避けられています。

しかし、太っちょで同じくいじめられっ子のニールはノーマンの味方です。

ノーマンのクラスでは、300年前に魔女裁判を行った記念日を祝う演劇を行います。

 

内容は『7人の裁判官が魔女疑惑のある女性を裁き、首吊り刑に処する』というもの。

劇の練習中、ノーマンはゾンビの亡霊を観ます。

 

帰り道、

毛むくじゃらで街で一番の変人ペンダーガストさんに話しかけられます。

 

ペンダーガストさん『俺はもうすぐ死ぬ。俺が死んだあとはノーマンが街を守るために儀式を行ってほしい!』

 

ペンダーガストさんも亡霊が見える能力を持っています。

演劇当日

 

ノーマン『わあああああああああああああああああああ』

 

劇中、ノーマンは本物の魔女裁判の光景が鮮明に見え、驚いて叫んでしまいます。

しかし、劇は台無し。ノーマンは周囲から更に気持ち悪がられます。

 

ノーマンはトイレへ。

すると、便器の中から死んでしまったペンダーガストさんが出てきます。

 

ペンダーガストさん『俺の代わりに儀式を行わないと街が滅びる。俺の家にある本を、日の入までに魔女の墓の前で読むんだ!』

 

ノーマンは、ペンダーガストさんの家に行き本をゲット。

約束通り、本を森の中にひっそりと佇む魔女の墓の前で読もうとするも、ノーマンは魔女の墓の場所を間違っており、呪いを防ぐ事が出来ませんでした。

 

すると、日が沈み、魔女の呪いで7体のゾンビが墓の下から出てきます。

 

ゾンビ『終わらせてくれ!!』

 

ゾンビはノーマンに言いますが、ノーマンは意味が分かりません。

ゾンビたちから逃げるノーマンとイジメっ子。

一方で、ノーマンの帰りが遅く心配しているノーマンのお姉ちゃん達はノーマンを車で迎えに行く途中、ゾンビから逃げているノーマンとイジメっ子を発見。

何とか街に逃げます。

 

また、魔女の呪いを解くために、魔女の墓がシティホールにある事を知り、すぐに向かいます。

街にゾンビが現れ、人々は大パニック。

しかし、人々は武器を手に取り、ゾンビをメタメタにします。

 

人々『頭を狙えええ!!!!!!!』

 

人々から逃げるゾンビたち。

彼らも、ノーマン達を追いかけシティホールへと向かいます。

結局、シティホールには魔女の墓は無く、同時にゾンビ達もやってきます。

 

ノーマン『来るなああああああ!』

 

ゾンビ達に叫ぶノーマン。

 

ゾンビ『俺たちを解放してほしい。魔女を封印してほしい』

 

ノーマン『僕たちを襲うつもりはないの?』

 

ゾンビ達は魔女の呪いを300年もの間かけられており、亡霊と話すことの出来るノーマンを追いかけて、頼みに来たのでした。

すると、外から魔女が現れ、街に嵐を起こし、街が破壊されていきます。

ノーマンは魔女を封印するために本を読むも、魔女に本を焼かれてしまいます。

気を失うノーマンは夢を見ます。

 

300年前

裁判官『お前は魔女だ。目に見えないものと話している。だから、お前を絞首刑に処する。』

 

小さな少女が7人の裁判官によって裁判にかけられています。

『わたしは魔女じゃない!』

 

目を覚ますノーマン。

 

ノーマン『お前たちゾンビ、最低だな!俺と同じくらいの小さいこどもに何て酷い事を!』

 

ゾンビ達はかつての魔女裁判を行っていた裁判官たちで、小さな少女に絞首刑を処していました。

そのため、魔女の恨みによって呪いをかけられていたのです。

『怖かったんだ』

ノーマンはゾンビの力を借り、魔女の墓を発見。

 

ノーマンは魔女(少女)の亡霊と戦います。

 

魔女『わたしはわたしから全てを奪った人々に復讐してやるの』

 

魔女は怒りのあまり電光を放っています。

 

ノーマン『そんな事をしたら酷い事をした彼らと同じになるよ。もっと悲しくなる。悲しい事を思い出すよりも、嬉しかった事を思い出しなよ。僕も君と同じだよ。でも、いつも自分を信じて助けてくれる人がいるから。君にもきっといたはずだよ。思い出して!』

 

魔女は少女の姿に戻ります。

 

少女『わたしはお母さんが恋しい。お母さんはいつも愛してくれた。でも、突然お母さんは連れて行かれた。もう一度会えるかしら』

 

ノーマン『きっと会えるよ』

 

少女はノーマンに見送られ、眠りにつきます。

街に平和が戻ります。

ノーマンは家族にも霊能力を認められ、幸せな生活を送りはじめます。